住まい・インテリア

家族一人一人のこだわりを出してみる

暗黙の了解である共通のこだわりを議論で明確にする 家族一人一人の生活パターンを見直す作業が終わったら、住まいに対する考え方や希望について話し合ってみましょう。つまり、家族それぞれのこだわりを出し合って、共通のこだわり、つまり価値観を確認し合う作業です。実は、どの家族も住まいに対する共通のこだわりを、暗黙の了解として持っていることが多いのですが、実際に家づくりをとして改めて確認することで、「うちのこだわりはこれだったんだ」と再発見できます。 新築リフォーム 新築住宅. 耐震リフォーム新築住宅 目指せ!不動産王

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイホームで別途費用がかかるもの

別途工事費やその他の費用も念頭に入れておきましょう実際にマイホームを購入すると、別途工事費や引っ越し代、近所へのあいさつ代など、様々な費用がかかります。 例えば、照明器具やカーテンレールなどは、工務店や住宅メーカーによって標準仕様が違い、最初からとりつけられている場合もありますが、ほとんどの場合、自分で用意しなければなりません。また、門扉やフェンス、カーポートなどは別途工事となりますので、その分現金も用意する必要があります。 ちなみに、Tさんの場合、玄関前に取り付けた親子伸縮門扉が15万円(工事費込み)、1,2階の窓10か所(トイレ、洗面所含む)に取り付けた網戸代12万円、カーテンレール代8万円などに加え、新たに購入したエアコンや家具など、合わせて100万円近くかかってしまったそうです。 さらに入居してから不具合に気づくことも多いのです。Tさん宅において、インターフォンが1回にしかなく、2階にいると全く気づかなく、その設置費用が5万円。2階にパソコンを置き、インターネットをしようと考えている人は、2階に電話回線を引く工事費用がかかることも忘れないように。建売住宅の場合には必要がありませんが、地鎮祭や上棟式などの費用もかかりますので注意が必要です。 新築リフォーム. 新築住宅. 耐震リフォーム. 田舎へ住もう!田舎暮らし応援サイト.

| | コメント (0) | トラックバック (0)